AviUtl 物置 - JPN takeshima

全体的にずっとゆっくりβ版です。
オススメ?

スクリプト

展開for出力プラグイン アニメーション効果スクリプト ver.001 (2015-01-10)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のアニメーション効果スクリプトです。
本サイトで配布しているPNG出力系プラグインの 「右半分を不透明度として扱う」出力のための画像を 少し楽に作れるようにするためのスクリプトです。
例えば256x256のPNGを作りたい場合は まず512x256の拡張編集プロジェクトを作成し 256x256のシーンを作成、それをルートに配置した後 この効果を適用して使います。

ダウンロード ver.001
ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

シャッフルレター カスタムオブジェクトスクリプト ver.001 (2014-10-04)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のカスタムオブジェクトスクリプトです。
文字列をスロットみたいにシャッフルしながら表示します。
半角アルファベット、半角数字、半角記号のみの対応となります。
拡大率は100%のままで使用してください。

ダウンロード ver.001
ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

角付き丸吹き出し アニメーション効果スクリプト ver.001 (2014-04-13)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のアニメーション効果スクリプトです。
メディアオブジェクトにアニメーション効果としてつけて 丸い吹き出しのようにします。 角があります。

ダウンロード ver.001
ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

簡易水玉 カスタムオブジェクトスクリプト ver.001 (2014-04-13)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のカスタムオブジェクトスクリプトです。
丸を並べて水玉にします。

ダウンロード ver.001
ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

丸付折線テキスト カスタムオブジェクトスクリプト ver.001 (2013-12-15)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のカスタムオブジェクトスクリプトです。
テキストと、折れ線で片側の端が丸になるものがちょっとだけ楽にできます。 処理が重いので使用にはご注意ください。

ダウンロード ver.001
ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

カバー付ワイプ シーンチェンジスクリプト ver.003 (2015-12-20)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のシーンチェンジスクリプトです。
ワイプ境界にレイヤーを重ねたシーンチェンジがちょっとだけ 楽にできます。

ダウンロード ver.003

これまでは外部の画像ファイルや動画ファイルを指定していましたが レイヤーを指定してそのレイヤーのオブジェクトを カバーとして使用するようにしました(ver.003)。 これに伴い、カバー画像付ワイプ → カバー付ワイプ と名称変更しました。

ワイプ境界を±45度まで傾けられるようにしました。 但し傾きに応じてカバーを拡げたりしないので カバーの方で余裕を持ったサイズにするようにしてください

ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

カバー画像付ワイプ シーンチェンジスクリプト ver.002 (2013-06-30)

説明省略。同梱の説明ファイルや動画をご覧ください。
AviUtl 拡張編集 用のシーンチェンジスクリプトと そのスクリプトで使用する画像のセットです。
ワイプ境界に画像を重ねたシーンチェンジがちょっとだけ 楽にできます。

ダウンロード ver.002 アルファチャンネル有り動画対応版
ダウンロード ver.001 旧

少し変更するとアルファチャンネル付き動画も静止画も使えるようにできることが わかったので更新しました(ver.002)。
多分大丈夫だと思いますが念のため、旧版(ver.001)も置いておきます。
追記:
ver.002 は 32bit PNGやRGBA(32bit) .aviファイルを file から呼び出して使います。なお、24bit PNG や 24bit .bmpファイルは使用できません。
追記2:
添付の画像ファイルはHDでも使えるように大きいものを用意していますが キャッシュ枚数が多いとメモリ不足で落ちてしまうようです、すみません。
作成動画に合わせて適切なサイズに小さくした32bit PNGファイルを使用するか キャッシュ枚数を小さくするなどしてみてください。

ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

プラグイン

簡易HDR入力(入力プラグイン) ver.003 (2016-10-16)

.hdr ファイルを入力とする AviUtl 用の入力プラグインです。
ベースは30fpsとなります。連番読み込みにも対応しました。
また1枚に対してn枚分リピートする機能があります。 1枚分の入力に対してn枚の同一画像を生成します。 設定の枚数の項目から設定できます。デフォルトは 60 です。
解凍後、litehdr_input.aui ファイルを aviutl.exe と同じフォルダか plugins フォルダに置いてください。

Lightmetrica の出力が見てみたかったので作ってみました。あんまり利便性は無いかも。

ダウンロード

GIFエクスポータープラグイン ver.001 (2013-06-22)

AviUtl 用のエクスポートフィルタプラグインです。
AviUtl で直接開いている RGBA(32bit) AVI ファイルを アルファチャンネル値から透過ピクセルを決めつつ アニメーションGIFとして書き出すエクスポーターです。
RGBA(32bit) AVI ファイルのみが対象にできます。
開いているファイルの元のままが対象となりフィルタなどは一切反映されません。
※なお透過無しでアニメーションGIF出力する場合は拙作の アニメGIF出力プラグインが使用できます。

ダウンロード ver.001

RGBA(32bit) AVI ファイルは
AviUtl 拡張編集 が出力するRGBA(32bit) AVI ファイルや
MikuMikuMoving V1.2.1.8 で 「AVI出力」で「背景」の「透明」にチェックを入れて 出力したAVIファイル
で、なんとなく動作確認しています。

ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

PNGエクスポータープラグイン ver.001 (2013-06-22)

AviUtl 用のエクスポートフィルタプラグインです。
AviUtl で直接開いている RGBA(32bit) AVI ファイルから アルファチャンネルを維持したまま連番PNGとして切り出します。
RGBA(32bit) AVI ファイルのみが対象にできます。
開いているファイルの元のままが対象となりフィルタなどは一切反映されません。

ダウンロード ver.001
ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

発光前フィルタプラグイン ver.001 (2013-06-09)

AviUtl 用のフィルタプラグインです。
AviUtl 拡張編集 の 発光 機能 の直前に使用して 発光 対象のコントロールをちょっとだけ支援します。

ダウンロード

輝度の「しきい値」を制御に含むような AviUtl 拡張編集 のフィルタで使えます。

ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

APNG 出力プラグイン ver.007 (2012-08-06)

APNG ファイル(アニメーションPNG)を書き出す aviutl 用の出力プラグインです。 解凍後、apng_output.auo ファイルを aviutl.exe と同じフォルダか、plugins フォルダに置いてください。
「ファイル」→「プラグイン出力」から「APNG出力」を選んで使用してください。
APNG出力 の「ビデオ設定」で繰り返し回数設定ができます。 「繰り返し回数」に 0 を指定すると無限ループになります。
本プラグインから出力されたファイルは Firefox と MikuMikuEffect のサンプルエフェクトである Movies エフェクトで なんとなく再生確認しています。

ダウンロード

追記:
アルファチャンネル有効にするための 「右半分を不透明度として扱う」をサポートするための 展開スクリプトを作りました。

連番PNG出力プラグイン ver.0.03 (2017-04-15)

1枚ずつの PNG ファイルを連番で書き出す AviUtl 用の出力プラグインです。 解凍後、png_output.auo ファイルを aviutl.exe と同じフォルダか、plugins フォルダに置いてください。
「ファイル」→「プラグイン出力」から「連番PNG出力」を選んで使用してください。
本プラグインから出力されたファイルは Chrome 57.0 で なんとなく確認しています。

ダウンロード

追記:
アルファチャンネル有効にするための 「右半分を不透明度として扱う」をサポートするための 展開スクリプトを作りました。

簡易誤差拡散フィルタプラグイン ver.001 (2012-08-25)

誤差拡散フィルタをかけるAviUtl 用のフィルタープラグインです。 解凍後、errdiff_filter.auf ファイルを aviutl.exe と同じフォルダか、plugins フォルダに置いてください。
AviUtl version 0.99m で なんとなく動作確認しています。

ダウンロード

がんばらないアニメgif出力プラグイン(↓) の後日フォローとして作成しました。 ↓この出力プラグインにあわせてウェブセーフカラーを使用した誤差拡散減色が実現できます。

ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)

がんばらない AGIF 出力プラグイン ver.001 (2012-08-16)

AGIF ファイル(アニメーションGIF)を書き出す AviUtl 用の出力プラグインです。 解凍後、fpgif_output.auo ファイルを aviutl.exe と同じフォルダか、plugins フォルダに置いてください。
ファイル → プラグイン出力 から AGIF出力 を選んで使用してください。
AGIF出力 の ビデオ設定で繰り返し回数設定ができます。 繰り返し回数に 0 を指定すると無限ループになります。
本プラグインから出力されたファイルは Firefox で なんとなく再生確認しています。

ダウンロード

がんばらないアニメgif出力プラグインです。 以下のようにがんばりません。

書き出し直前に拙作の誤差拡散フィルタなども 組み合わせてご使用ください。

ニコニコ動画の説明動画(外部リンク)